グローバル企業では社員が英語を話すべきだと考えるのは愚かです。顧客と社員の言葉に経営陣が合わせるのがグローバルなのです。日本なら公用語が日本語、中国なら公用語が中国語。それがアメリカなら公用語が英語と同じことなのです。

品川の日本企業が公用語を英語にすると聞いた時はびっくり仰天です。日本で上手く行っているのが不思議ですが、きっと本当に大切なことについては裏で皆日本語で話していると思います。中国でこんな姿勢では絶対うまく行かないはずです。

成功したグローバル企業には必ず本社の人脈を持ち、企業文化を知った上、現地の人脈を持ち、現地の言葉を話す経営陣が居ます。この条件をクリアすれば別に人種などは関係ありません。もちろん経営者としての能力も人脈や言葉と関係なく必要不可欠です。

一部の日系企業が現地化とは現地の人に経営を任せることだと勘違いしていますが、私は大いに反対します。失敗例を山ほど見てきたからです。中途半端な日本語を話し、日本の企業の長所も短所も理解していない人をただ現地の人である理由で経営者にすると痛い目に遭います。

中国にある米英企業がよく流暢な英語を話す台湾、香港、シンガポール出身の人々を雇うのですが、彼らの多くは名門大学を出ていても言葉の中身が薄いうえ、信念も哲学もありません。しかし、人数が多い分、それに比例して成功事例も多いため、同じ人材を紹介してほしいとよく日系企業に言われますが、やめたほうがいいと必ずアドバイスします。

グローバル企業は聞こえがいいのですが、中身はコミュニケーション障害を抱える難しい組織です。成長性、コストダウン、スケール効果などの利点が明確に確認できない限り、無理にグローバル企業になる必要はありません。

無理にグローバル企業になる必要はない: 宋文洲のメルマガの読者広場

なるほど、その通りだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中