当初、在特会の連中の放つ暴言の数々に、保守を標ぼうする自分でさえ辟易したが、
いろいろと考えるうちに、その想いを全面的に改めることにした。理由は以下のとおり。

① 在特会は暴力には訴えていない。言葉によるアジテーションだけ。

② 彼らは、アジによって不遜な朝鮮人の怒りに火をつけ、その正体を暴こうとしている。

③ 不遜な朝鮮人が危機感を抱くと、朝鮮人を支援する売国奴たちが必ず姿を現す。

④ ③によって炙り出された不遜な朝鮮人に連座する者の正体が明らかになる。

⑤ ①~④によって情弱市民ですら不遜な朝鮮人による治安と国益の破壊に気が付く。

⑥ 戦後70年に渡る不遜な朝鮮人による日本人への民族差別、人権侵害が明らかになる。

活動は確実に効果を発揮しだしているようだ。
「レイシストしばき隊」の出現や有田のような売国奴が、次々と馬脚を現してきている。

反原発運動や沖縄の反基地運動、マスコミによる
異常な朝鮮押しも、実はすべて横に繋がっていたことが一気にバレはじめた。

不遜な朝鮮人たちを日本から追放するために、まともな日本人は在特会の活動を理解
すべきだ。これは民族差別ではない。 迫害が目的ではなく、日本の治安のためだ。

諸外国なら在日朝鮮人のような存在は即刻、叩き出されているだろう。在特会と類似の
集団が現れるより先に、治安の維持を理由に不遜外国人を国外追放して入国禁止だ。

日本の治安を取り戻し、国益を守るためにも、日本と日本人に害を為す者を国外退去させ、
品行方正を誓える外国人のみが滞在を許可されるべきだ。

こんなことは国際的に常識であるし、それから考えると永住権の世襲などとんでもない。
パチンコも全面禁止だろう。

ちなみに「在日韓国青年同盟」は、「中核派」とも連携している完全なテロ集団である。

そして、日本のデモ参加者に暴力を振るう「しばき隊」は、「日本人しばき隊」が正体だ。
彼らを擁護するマスコミや電通はテロ支援者であり、さらに厳しい糾弾が必要だ!

http://uni.2ch.net/newsplus/kako/1365/13650/1365062351.html (via tanabota2011)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中