カテゴリー別アーカイブ: bike

バイク遍歴(リターン後)

リターンライダーという言葉が市民権を得てから随分と経つような気がします、おそらくはバイクブーム世代である我々世代が子育てを終えて、ふとそう言えば昔はバイクに乗っていたなあって事なんでしょうね

私も然り

ただし、躊躇はありました、たまに乗ったりはしていたものの「怖いなあ」とか「今更ねえ」って

それでも私の場合はまた乗りたいという気持ちが勝ったのでしょう

まず初めに手に入れたのは単気筒の250ccです、車検も無いしそこそこ所有感も満たしてくれるこのクラスの中で選んだのはKawasakiのエストレヤカスタム

image

でした

このバイクはとても乗りやすくリターンライダーの最初のバイクとしては最適でした、色も気に入ってたし申し分のない一台だった

しかし、次第に物足りなさを感じるようになってしまうのです(悪い癖ですよ)その上この頃から何事をするのにも躊躇をしなくなった(現在に至る)

次に選んだのはやはりKawasakiなのですがバリオス250二型です

image

エストレヤを購入してから半年後には250cc4気筒のバリオスに乗り換えてしまいました、超高回転型ニーハンマルチです(笑)

バリオスにしてもとても足つきの良いモデルであり車重の軽さもあり安心して乗り回せるバイクです、音だけ番長といったニックネームがあるほど音は素晴らしい(マフラーはノーマル)

そして、考えては居なかった大型免許を取ることになるのですが、これは当時の仕事上大型自動車免許が必要になった為であり、ならば一緒にバイクの大型免許も取ってしまえといった躊躇なきイケイケドンドンって事ですね

大型自動二輪免許を取得となれば当然大型車が欲しくなるのですが、ここはじっと堪えておりました

バリオスのドライブチェーンを交換し、その後タイヤの見積もりにレッドバロンに行って発注するのですが、その時にバンディットをみつけてしまうのです、実はそんなバイク知らなかったのですが価格の安さと油冷エンジンの音にやられて、タイヤの発注をキャンセルして店長に乗り換えのご相談

そうして遂に人生初の大型バイクを手に入れる事になったのです。

image

広告

ネギ社長

image

ネギ社長と言う名のおっちゃん

愛すべきキャラクターだ、ツーリングで事故ったのは責任感じるよ

でも復活だよね、また行こうね

今度はヤバい峠道は通らないようにするよ

猪苗代湖一周

image

image

image

今日はいつもの如く無計画で走り出し思いつくまま結局は猪苗代湖を一周してみた、時々やるんだけど、猪苗代湖周辺はキャンプ場も沢山あって、しかも湖水浴にも適してるから夏は沢山の人で賑わいます、今日は平日の水曜日ということもありそれほど混んではいなかった、夏休みも終わってシーズンの終わりというのもあるのかもしれない

続、丁度いいサイズとは?Bandit1200(GV77A)の系譜

https://bike-lineage.org/suzuki/bandit1250/bandit1200.html

偶然にもバイク屋で出会ってしまった、丁度いいサイズのリッターオーバー

ネイキッドにハーフカウルは不遇の時代の不人気車

スズキのこだわり油冷エンジン

中古で買うにはお手頃な価格

丁度いいのはどれかなあ?

自分の使い方を考えてみたときに丁度いいサイズのバイクは実際どんなのか?バリオスは勿論排気量や車体の重さや大きさが丁度いい一台だと思ってる


しかし世の中には色んなバイクが溢れていて楽しくなってくるんです、125ccも良いのがありますよ、ホンダのCB125Rなどは一つ上の車格で今風のネイキッド?ストファイ?カフェレーサー?最高出力13psだけど数字だけじゃわからないんだよな

250cc縛りで考えた場合、どのバイクが良いのだろうか?

今乗ってるのは中古で買ったZR250B(バリオス2型)なんですけど、250縛りが心の中にあったのです

ただでさえバイクに乗ってるだけで妻はあまり良い顔しないので、車検の無い比較的維持費のかからない上に高速道路も乗れて所有感も満たしてくれる250に限定して車種選定したのです。

バリオスはまだまだ乗るつもりですが、妄想として他の250に乗り換えるとしたら何が良いだろうか?そういった事を考えてるうちはとても楽しい

では候補としたら何だろう?

現行では250の4気筒は残念ながら無くなってしまいましたが、バイクの楽しさはスペックばかりじゃ計れないようです

単気筒や2気筒でカタログ上の馬力も一昔前と比べると低いからといって遅いとか走らない訳ではないらしい(乗ってないからなんとも言えないんだけど)

KawasakiのNinja250がこのクラスを牽引してきたところはあるのだと思います、実際人気ありますもんね、実は2気筒に加えNinja250SLという単気筒のモデルもあるんです、HondaもCBR250RRは2気筒ですがそれ以前のCBR250Rは単気筒ですよね、他の国産メーカーのも並べてみましょうか

Kawasaki Ninja 250

  • 62万9640円〜
  • 水冷4st並列2気筒
  • 37ps/12500rpm

kawasaki ninja250SL

  • 45万9000円
  • 水冷4st単気筒
  • 29ps/9700rpm

HONDA CBR250RR

  • 75万6000円〜
  • 水冷4st並列2気筒
  • 38ps/12500rpm

YAMAHA YZF-R25

  • 56万7000円
  • 水冷4st並列2気筒
  • 35ps/12000rpm

YAMAHA MT-25

  • 53万4600円
  • 水冷4st並列2気筒
  • 35ps/12000rpm

SUZUKI GSX250R

  • 52万7040円
  • 水冷4st並列2気筒
  • 24ps/8000rpm

他にもまだまだこのクラスだけでも魅力的な機体はありますがざっと現状こんな感じですね、豪華装備で電子制御フル装備なCBRは価格もワンランク上だったり、価格を抑えつつも楽しさという点では引けをとらない自分に合った一台(もしくは数台)に出会えたらとても幸せにバイクライフを末永く送れることでしょうね(^^)